体験レポート

解放感抜群!日本橋を川から眺める楽しさ満載の日本橋クルーズを体験してきたよ

東京にある日本橋を通る際に、川の横に船が出ていてクルーズをしているのを見たことがあって、日本橋を川から見上げる事はなかなかないため、一度は行ってみたいと思っていました。

今回はその日本橋クルーズに友人と参加してきましたので紹介します。

日本の道路の始点である日本橋

道路を車で走っていると東京まであと何キロという標識がありますが、その始点はなんと日本橋だったのです。車が走っているので行けないのでそこにあると言われないと分からないですが日本橋の道路の中央に「日本国道路元標」があります。

これが日本の道路の始点、まさに日本橋はJAPANの象徴と言えるでしょう。

日本橋クルーズ45分コースに乗船

気になるコースは5種類以上あり、その時の季節やイベントによっても多少変わるようです。

今回は初めてということもあり、「日本橋」「湊橋」「豊海橋」など日本橋周辺の川を代表する橋をくぐり、「隅田大橋」をくぐると「清洲橋」とコラボした東京スカイツリーのシャッターチャンスといったコンパクトながら主要な個所をまわれる「日本橋クルーズ45分」に参加しました。

料金も「大人1,500円、小学生800円」とリーズナブル

当日参加も出来ますが、確実なのは予約です。

東京湾クルージングが運営する日本橋クルーズのサイトで予約できます。お金は当日現金払いとなります。

ss3.jp

 

日本橋クルーズ®|神田川クルーズ®|(株)東京湾クルージング
http://ss3.jp/nihonbashi-cruise/index.html

当日乗船前のおすすめ

1.乗船券の引き換えはなるべく早めにすること

今回は14:45発のクルーズに申し込みましたが、乗船券は11時過ぎに貰いました。早めに交換すると何がいいかというと、整理券が配られそこに番号が書いています。そして実際に乗船する際は、整理券の番号順に並び直すので早めに貰えば好きな席に座ることが出来ます。

なので、早めに乗船券を引き換えて周辺の日本橋を散策するのがおすすめです。

※乗車券は30分前までに引き換えておかないといけないようです。

2.飲み物を買っておくこと

船内での販売はありませんので、事前にペットボトルを購入しておくことをおすすめします。特に屋根のない船は直射日光があたって暑くなることもあるので事前に買っておきましょう。

3.乗船券を引き換えていれば集合時間は15分前でもOK

乗船は5分~10分前からしか始まらないので、乗船券さえあれば集合はぎりぎりでも大丈夫です。ただ、時間ぴったりに出発するので15分前ぐらいがいいでしょう。

そのほかのポイントを以下にまとめます。

  • トイレは事前に行っておきましょう(一応乗った船にはトイレ完備しているようでしたので万が一でも安心です)
  • ガイド付きで分かりやすいです
  • 麦わら帽子を無料で貸し出してくれます(時期によるかもしれません)

解放感抜群のクルーズが楽しすぎる

まずは日本橋をくぐって、途中でUターンして日本橋を再度くぐってからスタートです。

日本橋を下から眺めたり橋をくぐることはこういう機会がないと絶対ないので貴重な体験です。

ガイドの方がその場で解説してくれるので初耳学の事がたくさんあり勉強になります。

川はお世辞にも綺麗とは言えないですが、その日は風もあり匂いは気になりませんでした。

意外と川幅が広い所もあり思っていた以上に解放感抜群です。

しかも東京のホントの川は隅田川で、他はほとんど水路として人工的に作られていると初めて知りました。物資を運ぶために大工事をしていたんですね。

また話題の豊洲の方は建築ラッシュになっており、今後ますます発展して景観が変わるんだろうという東京の勢いの良さも確認できました。

川から見るスカイツリーもなかなかのものです。

45分のクルーズはあっという間に終わりました。これで大人1,500円の乗船料は安いと思います。いつもと違ったデートコースや家族との休日の楽しみとしてもおすすめです。

是非一度乗ってみてはいかがでしょうか?